米年末商戦好調!

2020/1/6

記事作成日:2019/12/28
米年末商戦好調!

今日の象の目
今日の象の目
米個人消費の勢いを示す2019年の年末商戦が好調だ。クリスマスイブの24日までの小売売上高は前年を上回った。インターネット通販への支出が大きく増えた。

好調な雇用環境や賃金増に加え、株高による資産効果が背景にある。中国や欧州が減速する中、米国の消費者心理指数は主要国で唯一プラスとなり、消費意欲の強さが鮮明になった。(日経)

株式市場をチェックする

NYダウ、米国と中国が2020年1月にも合意文書に調印するとの観測が広がり、株買いを後押し、連日で過去最高値更新28,645.26(+23.87)ナスダック9,006.61(ー15.78)

東京株式市場休場。

散髪「カットサロン浅野」。さすがに年末30日(月)31日(火)は定休日だが営業の由。

芝生が相変わらずモグラの被害にあい、今日修復作業を行う、2箇所の捕獲器は機能せず残念、場所を替え1箇所増設。

ポスティングシステムを利用して米大リーグへ移籍を目指していた広島の菊池涼介内野手が広島に残留することが決定!

守備力に高い評価を受けたが、やはり先発投手に比べ野手の動きは鈍い。

夕食は、久しぶりに地元ふぐ料理店「かのや」

地元ふぐ料理店「かのや」

家族三人でコース料理をいただく、フグは地元鴨川漁協仕入れの「トラフグ」安くて美味、瓶ビール・ひれ酒2杯に大満足。

就寝午後10時。

正月休み(毎日が休みなのだが!)「麻雀放浪記」を読むことにする!

記事作成日:2019/12/29
麻雀放浪記

今日の象の目
今日の象の目
サワコの朝「私の愛した和田誠」を家族でTVを観る。

今年10月に亡くなったイラストレーターの和田誠さんを偲んだスペシャル企画「私の愛した和田誠」が放映され、親交が深かった三谷幸喜、大谷しのぶ、南伸坊が思い出話を語り合った。

その中で和田誠監督の「麻雀放浪記」(作・阿佐田哲也)の作品について語られ、興味を持ち娘の蔵書から借りて読むことにする(サラリーマン現役時代は大の麻雀好きで現在も孫達も含め家族全員麻雀ができ、盆と正月は麻雀大会です)。

株式市場をチェックする

NY株式市場・東京株式市場休場。

別荘午前10時出発、アクアライン経由帰宅。途中大多喜の「オリブ」で正月「おせち料理」用食材購入(今回よりキャッシュレスでカード利用できるようになり有難い)、特に魚類が新鮮で安く、ここ数年立ち寄っています。

私は洗車係でカーウオッシュを利用し洗車500円。昼食は中華料理店でラーメン。正月料理で孫たちに1番人気のローストビーフ用の肉は辰巳の「メトロ」で和牛肉を奮発して購入する。

夕食は「カレー」「サラダ」

「カレー」「サラダ」

焼酎ロックで1杯。

就寝午後9時30分。

「2019年あなたが選ぶNo.1ドラマは?」

記事作成日:2019/12/30

今日の象の目
今日の象の目
文春オンライン緊急アンケート「2019年あなたが選ぶNo. 1ドラマ」で

第1位は米倉涼子主演の「ドクターX ~外科医・大門未知子~」

第2位は大泉洋主演の「ノーサイド・ゲーム」

第3位は「なつぞら」

株式市場をチェックする

NY株式市場休場。

東京株式市場大納会。日経平均株価、東京市場が6日間の休場となり海外相場の調整に備えた先物売りから、利益確定売りに押され続落23,656.62(ー181.10)ドル・円109.114。

正午よりNHK大河ドラマ「いだてん」総集編をビデオで観る。

当初視聴していましたが、内容の割に間延びして、語気だけはもっぱら強く中身に乏しく、視聴をやめました。

しかしオリンピックの歴史との観点から見ることにして、ビデオで観ることにしました(興味のないところは早送りすることにして)しかし総集編は早送りすることなく最初から最後まで、楽しく観ることができました。

男子テニスで世界ランク13位錦織圭が来年1月20日に開幕する四大大会第1戦の全豪オープンを欠場することを表明した。

29日に30歳となった錦織は夏の全米オープンを最後にツアーを離れ、10月に右肘の手術に踏み切り2020年期待していましたが残念です、是非東京オリンピックまでには完治させて欲しいものです!

恒例のローストビーフ作りに取り掛かる、素材は少し脂身が少ない黒毛和牛だが問題なし、量は11人で900gは少ないか?(家内に出来るだけ薄く切るように指示!)。

ローストビーフ作り

1時間程度で完成、「焼き加減」「グレービーソース」の出来もマズマズ。

夕食は「餃子」「コーンスープ」

「餃子」「コーンスープ」

焼酎ロックで1杯。

就寝午後10時。

日経平均大納会29年ぶり高値!

記事作成日:2019/12/31

今日の象の目
今日の象の目
2019年は世界的な利下げを追い風にあらゆる資産の価格が上昇した。

日経平均株価は30日、年末株価としては1990年以来、29年ぶりの高値を付け、世界の株式時価総額は86兆ドル(約9400兆円)と過去最大に膨らんだ。

株高時に値下がりする傾向のある債券や金も値上がりした。

世界の株価時価総額は1年で17兆ドル増加し記録を遡れる01年以降で最大の伸びとなった。日経平均株価は昨年末に比べた上昇率は18%。

しかし実体経済とのギャップ、低金利・マイナス金利政策の副作用などが指摘され、先行き不安視もされている?

株式市場チェックする

NYダウ、薄商いの中、ハイテクを中心に売られ反落28,462.14(ー183.12)ナスダック8,945.99(ー60.62)円・ドル108.85

東京株式市場休場。

家内の正月料理の準備はほぼ終わる。(毎年恒例で新年早々の「おとそ」は我が家に集合し行なっている)。

夜は家内と娘は「NHK紅白歌合戦」視聴。私はボクシングスーパーフライ級タイトルマッチ、井岡一翔vsジェイビエール・シントロン観戦。

井岡一翔は世界4階級制覇後の初防衛戦でジェイビエール・シントロンを3ー0の判定で下す。

序盤はリーチで12センチ長い相手に苦戦したが中盤以降、執拗なボデイ攻撃で優位に立ち3ー0の判定で下す!世界3階級を制したフライ級の王者田中恒成は同級10位ウラン・トロハツに3回KO勝ちし3度目の防衛を果たした。

夕食は「すき焼き」

すき焼き

赤ワイン3杯。深夜「年越し蕎麦」。

就寝12時30分。

日記

Posted by zonome